労働安全衛生総合研究所

研究推進・国際センター

研究推進・国際センターでは、研究所が実施する調査研究の総合調整を行うとともに、国内外の労働安全衛生関連情報の収集・分析・提供、国際学術誌の発行と和文誌の発行、世界保健機構(WHO)や開発途上国への協力等の国際貢献、国際共同研究の推進、国内労働安全衛生研究の振興、図書の収集・管理、インターネット・イントラネット等の情報化推進管理等に関する業務を行っています。

国際研究協力/交流

欧米、アジア等の研究機関と研究協力協定を締結した上で、安全衛生にかかる国際共同研究や情報交換を行っています。
また、国際標準化機構(ISO)の技術委員会に参画し、国際基準の策定に協力しています。

学術誌の発行

学術定期刊行物として、国際学術誌「INDUSTRIAL HEALTH」を年6回発行しています。

労働衛生分野では日本で最も歴史があり、世界で有数の英文誌である本誌は、1963年に創刊されました。

国際的に著名な有識者を多数編集委員会メンバーに迎え、国内及び諸外国の労働安全衛生専門家から広く投稿を受け、最先端かつ質の高い研究情報を長年にわたり提供していることにより、インパクトファクターを継続的に付与されるなど国際的に高い評価を受けています。

また、主として国内における労働安全衛生に関する調査研究情報を提供する和文誌として、「労働安全衛生研究」を2008年に創刊し、国内労働安全衛生研究の振興に貢献しています。

国際学術誌「INDUSTRIAL HEALTH」 和文誌「労働安全衛生研究」
国際学術誌「INDUSTRIAL HEALTH」 和文誌「労働安全衛生研究」

WHOへの貢献

当研究所は、WHO労働衛生協力センターとして1977年に日本で最初に指定され、2007年には再指定を受けました。

WHOの世界ネットワーク作業計画の第一期(2001-2005年)、第二期(2006-2010年)、さらに第二期を改変して2009年から始まった世界活動計画(GPA)に参画し、WHOが組織する労働安全衛生の世界的な研究ネットワークを通じて、世界規模での情報の収集と発信を行っています。

研究員一覧

氏名 専門分野 詳細(外部サイト)
センター長 大幢 勝利 構造工学・安全工学・墜落防止 大幢勝利詳細
首席研究員 外山 みどり 人間工学 外山みどり詳細
首席研究員 崔 光石 静電気,粉体,爆発・火災 崔光石詳細
田井 鉄男 薬理学、中毒学、産業医学、労働衛生学 田井鉄男詳細
三木 圭一 労働生理学、神経内分泌学、分析化学 三木圭一詳細
古瀬 三也 労働衛生工学、分析化学、有害ガス・蒸気の分析法の開発、防毒マスク 古瀬三也詳細
久保田 均 職業疫学・職業コホート研究 久保田均詳細
大久保 利晃
朝長 健太
石邊 綾子
(併任) 高橋 幸雄 騒音(特に低周波音)による影響 高橋幸雄詳細
(併任) 齊藤 宏之 作業環境中の微生物・暑熱環境・産業疫学 齊藤宏之詳細
(併任) 井澤 修平 精神神経内分泌免疫学、産業保健心理学、産業ストレス 井澤修平詳細
(併任) 松尾 知明 労働衛生・体力科学・循環器系疾患・疫学 松尾知明詳細
(併任) 久保田 久代 病理組織学、微細形態学 久保田久代詳細
(併任) 高橋 正也 産業睡眠医学 高橋正也詳細
(併任) 吉川 徹 国際保健学, 産業安全保健学 吉川徹詳細
(併任) 劉 欣欣 労働生理学・人間工学・応用健康科学・生理人類学 劉欣欣詳細
(併任) 時澤 健 環境生理学、温熱生理学 時澤健詳細

研究グループ 研究活動の紹介

研究グループ